保健

💛 薬の取り扱い 💛

園であずかれる薬

原則として園で内服薬は与えられませんので、お子様に持たせないでください。
アレルギー疾患、喘息、慢性疾患等の定時内服薬、どうしても必要な薬につきましては、
薬の指示書に医師が記入したものについてのみ、お預かりいたします。
溶蓮菌感染症は、医師の指示書があれば必要な期間の、昼1回分のみ服用させることができます。

 

ひきつけの経験のあるお子様で、医師からの指示で熱性けいれん予防のための座薬をお持ちの方は、
保育園で発熱した時のための対応策を主治医にご相談ください。

 

外用薬(ぬり薬・目薬など)は、医師の指示に基づいた薬に限定します。
保護者の方が記入した薬の依頼票と薬剤情報提供(お薬手帳の写し)の提出をお願いいたします。
依頼票をダウンロード

 

※保育園に通園していることを主治医に話し、極力保育園で扱わないですむようにお願いして下さい。
ご協力お願いいたします。